葉酸サプリを厚生労働省が推奨している理由は?

葉酸は食事からは摂取できないの?

葉酸は食事からは摂取できないの?

妊娠を考えており、葉酸を積極的に摂りたいのですが、サプリの利用には不安があります。葉酸を食事から十分に摂取することはできないのでしょうか?

葉酸は食品にも含まれているビタミンB群の1種です。例えばほうれん草やイチゴ、ブロッコリーといったものに豊富に含まれていることが知られていますね。これらの野菜や果物をしっかり摂取していくことで、ある程度は葉酸を補っていくことは可能です。

 

ただ、葉酸は水溶性の栄養素であるために、調理をすることで大半が損なわれてしまいます。そのため、厚労省が推奨する400μgを摂取するのは大変難しいのです。そのため、厚労省では妊活中・妊娠中の葉酸サプリの摂取を推奨しているというわけですね。

効率良く安定的に葉酸を摂取し続けるためにも、サプリを利用してみましょう。

 

葉酸サプリの葉酸ってどんな栄養素!?

葉酸サプリでメインの成分となっている「葉酸」。妊活中や妊娠中に必要な栄養素であるという話はよく知られるようになってきましたが、「葉酸って一体どんな栄養素なの?」という根本的な疑問を拭いきれていない方は少なくないでしょう。

 

葉酸はビタミンB群の1種

人が毎日食事から摂取している栄養素の中には、ビタミンB群というものが含まれています。

 

有名なものを挙げれば、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

いといったものが挙げられますね。

 

実は葉酸という栄養素は、これらのビタミンB群の仲間になります。葉酸は「ビタミンB9」という別名を持っているのです。

 

つまり食べ物にも普通に含まれている、人間にとって必要な栄養素の1つ、というわけですね。

 

葉酸の性質

葉酸はビタミンB群の1種ですが、このビタミンB群という栄養素には、実は大きな特徴が2つあります。

 

  • 水洗い・加熱により大きく損失してしまう
  • しっかり摂取しても尿に出てしまう

 

これらの性質は、ビタミンB群が水溶性のビタミンが水溶性であるが故のものです。つまり葉酸に関しても、野菜にたっぷり含まれていたとしても、調理の過程でどんどん損なわれてしまいます。また、1日だけたっぷり食べたとしても、余分な分は排泄されてしまうので、貯めておくことができないのです。

つまり毎日、大量の野菜や果物を摂取し続けないと、妊活中や妊娠中に必要な量の葉酸を摂り入れることができない、というわけですね。この問題を解決するために、気軽に摂取できる葉酸サプリが注目されているのです。

 

葉酸の働き

葉酸はビタミンB12と共に働きかけて、人体に重要な2つの働きをもたらします。

 

  • 細胞の生産・再生をサポート(身体の発育促進)
  • 造血ビタミンとして赤血球の生産をサポート

 

これらの働きにより、特に妊娠初期に積極的に摂取しておくことで、赤ちゃんの健やかな成長をサポートすることができるというわけなのです。

 

妊娠初期の、赤ちゃんに重要な器官が作られる時期に葉酸を摂取しておくと、

  • 二分脊椎症
  • 無脳症

といった神経管閉鎖障害が起こるリスクを下げることができます。

 

 

これらの障害は重度になるケースもあり、命に関わることもあるため、しっかり葉酸を摂取し、防いであげたいですね。