葉酸不足はどんなトラブルの原因になるの?

粘膜への症状が現れやすくなり口内炎などのトラブルが起こることも

深刻ではないものの、なんとなく憂鬱になってしまう症状って、たくさんありますよね。その1つが口内炎です。実は口内炎は、葉酸が不足した時に起こりやすい症状の1つなのです。葉酸不足は、こういった粘膜への症状が現れやすくなるので注意が必要です。

 

粘膜への症状が現れやすくなり口内炎などのトラブルが起こることも

葉酸不足で口内炎

葉酸には、「粘膜を正常に保つ働き」があります。粘膜というのは、目や鼻、口の中の部分。皮膚とは違い、特にデリケートな部分と言えますよね。

 

そんな粘膜部分を正常に保つために重要な葉酸が不足してしまうと、口内炎が起こりやすくなります。

 

  • 細胞が正常に作られなくなる
  • 口の中が傷ついても修復されにくくなる

 

つまり、葉酸不足の状態で口の中に何かしらの傷を負ってしまうと、修復されにくくなり、その結果、辛い口内炎が生じてしまうということです。

 

ひどい場合は胃潰瘍も!

粘膜部分に起こる症状として、口内炎なら口の中だけの症状で、それほど深刻なものとは考えられないかもしれません。ですが、この「葉酸不足」の信号を無視してしまうと、他にもっと深刻な症状を引き起こすリスクも高まります。

 

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍

 

内臓にも粘膜がありますので、この部分の再生がうまくいかなくなれば、胃腸の粘膜に困った症状が起こりやすくなります。潰瘍は、その代表的な例ですね。

 

潰瘍は葉酸不足が深刻化した時の症状の例ですが、そこまではいかなくても、葉酸不足で胃腸の調子が悪くなって下痢などの症状を起こすこともあります。

 

つまり、口内炎や下痢、食欲不振などの症状が起こってきた時には、潰瘍になる前に、できるだけ早く葉酸を補給して対策する必要があるのです。

 

葉酸サプリでリスク軽減

口内炎や胃腸の不調を感じた場合には、速やかに葉酸をはじめとする、不足しがちなビタミン・ミネラルを補給してあげる必要があります。ですが、現代人の食生活では、充分な量のビタミン・ミネラルの補給が難しいのが現実です。

 

そこで、気軽に葉酸やビタミン・ミネラルをしっかり摂り入れられる葉酸サプリを用いてみましょう。葉酸サプリの中には、これらの栄養素をバランス良く配合してあるものもありますので、ビタミン・ミネラル豊富なものを選ぶのがコツですね。

 

症状が軽いうちに体のSOSに気付き、葉酸サプリで対処すれば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のような深刻な症状を回避できるかもしれません。

関連ページ

血液を作り出す働きがあるので不足してしまうと貧血が起こるリスクが高まる
葉酸という栄養素には、血液を作り出す働きがあります。そのため、「造血のビタミン」という別名を持っていますね。つまり、この葉酸が不足してしまうと、貧血が起こりやすくなるというリスクがあるのです。
命に関わる病気のリスクアップ!
葉酸という栄養素は、妊娠を意識するようになるまでは、全く知らなかったという方藻少なくないものです。ですが、実はこの葉酸、不足してしまうと命に関わる病気のリスクも高まることが分かっています。