葉酸サプリは飲む量に決まりがあるの?

水溶性なのでたくさん摂取しても排泄されると聞きましたが過剰摂取しても大丈夫?

葉酸は水溶性なのでたくさん摂取しても排泄されると聞きました。時々、飲んだかどうか忘れて1日に2度、葉酸サプリを飲んでしまうことがありますが、問題ないでしょうか?

確かに葉酸という栄養素は水溶性のビタミンの1種であり、一時的に過剰摂取をしても、余分な分は尿と共に排出されてしまいます。そのため、過剰摂取によるリスクは低いと言えます。ただし、これはあくまでも、食事からの葉酸の摂取に関して言えることです。

 

葉酸は1日に1000~10000μg摂取すると、身体に悪影響を及ぼす恐れがあると言われているので、注意が必要です。食事でこの量を摂取するリスクは非常に低いですが、葉酸サプリの場合は簡単に、この量を超えてしまうことがあるので、サプリケースを利用するなどして、徹底的に摂取量を管理してください。

 

葉酸サプリは用法・用量をしっかり守って摂取しましょう。

 

葉酸サプリを過剰摂取してしまったらどうなる!?

葉酸サプリはママやお腹の中の赤ちゃんを健やかにしてくれる嬉しいサプリ、という印象ですよね。ですが、どんなに身体に良いと言われるものでも、過剰になれば逆に悪影響を与えてしまうというのはよくある話です。では、葉酸サプリを過剰摂取してしまった場合には、どのような症状が起こってくるのでしょうか?

 

葉酸過敏症

葉酸を1日あたり1000~10000μg摂取すると、葉酸過敏症と言われる症状を起こすリスクが高まります。

 

葉酸過敏症を起こすと、

  • 発熱
  • かゆみ
  • 蕁麻疹

といった症状を起こすことがあります。

 

さらに重症になれば、呼吸障害が起こってくることもあるのです。

特に妊娠中の身体は非常にデリケートですので、このような症状が強く現れる可能性もあります。葉酸サプリの適量をしっかり守ると同時に、もし摂取してみて、何か異常を感じた場合はすぐに摂取を中止し、医師に相談するようにしましょう。

 

その他の葉酸過剰摂取による影響

葉酸サプリを過剰に摂取すると、葉酸過敏症以外にも問題が起こってくるケースがあります。

 

  • ビタミンB12欠乏症の発見が遅れる
  • 亜鉛の吸収を抑制する

 

ビタミンB12欠乏症は巨赤芽球性貧血という貧血を起こすリスクを持つ症状です。ですが葉酸を摂取することで貧血症状が抑えられてしまうため、この発見が遅れ、結果的に神経症状を悪化させる恐れがあるのです。

 

また、葉酸には小腸からの亜鉛の吸収を抑制する働きがあります。そのため、充分な量の亜鉛を吸収できなくなる可能性もあるというわけです。

 

摂取量を守れば大丈夫!

葉酸サプリを過剰に摂取してしまった場合に、身体に悪影響が懸念されることはあります。ですが、それ以上に「葉酸不足」による赤ちゃんへの影響の方がリスクの高いものであると言えますよね。そう考えると、「過剰摂取が恐いから」という理由で葉酸サプリを摂らないのは考え物です。

 

基本的に葉酸サプリは、厚労省が推奨する400μgの葉酸を配合してあるものが大半です。この量を守れば、まず問題ない栄養素と言えますので、サプリの管理を徹底しながら、用法・用量をしっかり守って摂取していきましょう。

 

日付けを書いたサプリケースで1日分ずつ管理したり、飲んだ後にはカレンダーに印をつけたり…こういった方法を用いれば、葉酸サプリを過剰摂取してしまうリスクは大幅に軽減できるでしょう。